サービスや顧問料に対する不満vs井芹会計の強み

その他、経営者が税理士を変更する理由で多いものは・・・

bd_a5
なぜ、そのような不満が多いのでしょうか?

is_img04いわゆる、“昭和型税理士事務所”と言われる経営方針、経営体質の事務所が多いからです。以前は、「報酬料金規定」というものが定められており、報酬料金が高かろうが、税理士本来の申告業務や税務代理業務さえ行なっていればよかった時代でした。なので、顧問先に対する“サービス”という発想に乏しかったのです。つまり、税理士は“士業の先生”であり、経営者には“敷居の高い存在”でした。

そのようなご不満に対して・・・

井芹会計は、“平成次世代型税理士事務所”です。
税理士業は、“知的サービス業”と考えております!
is_img10税務・会計業界しか歩んで来なかった税理士には無い、商社と外資系企業での経験や知識そして人脈があります。節税や融資相談、税務調査対策、素早いレスポンス、情報のご提供などは、やって当たり前だと考えております。

是非、税金や会計にとどまらない幅広い分野でのご相談をお気軽にお寄せ下さい。

 
税務調査の際は、全力で対応しております。
is_img08税務調査が行われた場合は調査に立ち会い、全力で対応致します。なお、事案内容によっては当事務所のアドバイザーである、元国税局 調査査察部調査官(通称:マルサ)及び特別国税調査官(通称:トッカン)とともに対応しております。
cp_01
 
bd_a6